ブログ

$logo_alt
2018年01月31日

天赦日

こんにちは! 今日は1月もラストとなり、 明日から2月が始まりますが、早いですね。 最近はますます寒くなってきて、布団が恋しくてしかたない カトウです(*´ω`*)   明日の2月1日は『天赦日』といって 暦の上で数日しかない最も吉日とされる日だそうですよ! 結婚・引っ越し・開業・出生届など、 新しいことを始めたり挑戦するにはもってこいの日とのことで、 何をやってもいい方向へ進むそうです。   何か新しいことをしようと思っている方 あるいは時期を見ている方は 明日やってみてはいかがでしょうか?   ちなみに当探偵社は当然ですがしっかりと営業しております! もしも相談やお電話をかけようかとお思いの方はぜひ お電話されてみませんか?   ご相談されることで良い方向に進めるかもしれません! もちろん、24時間営業で受け付けておりますので お気軽にどうぞ。   お電話おまちしております(*’ω’*)       ——————————————————————–   妻の不倫にスルっと決着をつける! 【7日間無料メール講座】   奥様の不倫でお悩みの方は ぜひこちらのメールマガジンにご登録ください! https://www.reservestock.jp/subscribe/79123   ——————————————————————–     総合探偵社 シークレットジャパン熊本 住所 〒862-0923 熊本県熊本市東区東京塚町18-49平井ビル1F 電話 0120-083-007 定休日 不定休 当社facebookページはこちら http://on.fb.me/1pvHGAa

$logo_alt
2018年01月27日

離婚しやすい夫婦の傾向③

  こんにちは! 『離婚しやすい夫婦にありがちな傾向』 今回でラストです! 6個目と7個目をご紹介致します(*’ω’*)     ⑥夫婦ゲンカを避ける。 →夫婦ゲンカが多いのは離婚の兆候なのですが、 逆に直接ぶつかりあわないように距離をとっている関係も良くはなく、 離婚に繋がる兆しとされています。   2013年のアメリカ・ミシガン州の研究では、 夫があまり感情表現をしない状態は 高い離婚率に繋がっていると報告されているそうです。   また、2014年の研究では、 カップル間では口論になりかねない物言いよりも、 無言の反応をされるほうが2人の関係に ダメージを及ぼすことがわかったそうです。 ⑦自虐的でネガティブ →95組の新婚カップルにインタビューを行い、 話した内容を各要素に分け数値で評価・分析するという 2000年に行われた研究では、分析の結果、 話している内容が自虐的でネガティブな度合いが高いカップルの 5年以内の離婚を87.4%の確率で予測できたとのことです。     いかがだったでしょうか? なんとなくわかるような・・・ といった感じですね。   ※これらの項目の全てが必ず離婚に繋がるということではないので そのあたりはご了承ください。   それではこのへんで!     総合探偵社 シークレットジャパン熊本 住所 〒862-0923 熊本県熊本市東区東京塚町18-49平井ビル1F 電話 0120-083-007 定休日 不定休 当社facebookページはこちら http://on.fb.me/1pvHGAa

$logo_alt
2018年01月23日

離婚しやすい夫婦の傾向②

こんにちは!   今回も 『離婚しやすい夫婦にありがちな傾向』 の続きです。 それではさっそくご紹介致します!   ③高校を卒業していない →学歴と離婚率との関係は 各種の統計から明らかになっているそうです。 傾向としては 共に学歴が高い夫婦程離婚率が低く、 共に高校を卒業していないカップルは 大卒のカップルよりもおよそ30%離婚率が高いそうです   ④夫婦ゲンカが多い →アメリカのジョン・ゴットマンという心理学者によれば 離婚に繋がる夫婦には『軽蔑』『批判』『防御』『心の壁』という 4つのネガティブな要素があるそうです この4つとは以下の通りです。   軽蔑:お互いに軽蔑している 批判:お互いに相手の性格特性に批判的 防御:お互いに自分の方が被害者だと主張してる 心の壁:お互いに心の交流を避けている   ⑤新婚代に過度にラブラブだった →新婚時代に過度にラブラブだった168組のカップルを 13年にわたって追跡調査した研究では、 新婚時期に過度にラブラブだった夫婦は 離婚の可能性が高まっていくことが報告されているそうです。 理由としては、極度にラブラブな関係は 年を追うごとに続ける事が難しくなってくるからなのだとか。   いかがだったでしょうか? とくに⑤の『新婚時代に過度にラブラブだった』は 夫婦だけでなく、カップルにも 『分かれやすい傾向』として言える事なのではないでしょうか?   次回で6つ目と7つ目をご紹介致します(*´ω`)     総合探偵社 シークレットジャパン熊本 住所 〒862-0923 熊本県熊本市東区東京塚町18-49平井ビル1F 電話 0120-083-007 定休日 不定休 当社facebookページはこちら http://on.fb.me/1pvHGAa

$logo_alt
2018年01月18日

離婚しやすい夫婦の傾向①

こんにちは。 最近ずっと気になっていた事務所の近くのパン屋さんに行ったら 安いのにとっても美味しくて たびたびお昼に買いに行くようになったカトウです!   サンドイッチの具がこれでもか!ってくらいたっぷりなうえに パンもふわっふわで本当においしいんですよー( *´艸`)   さて、突然ですが 離婚するつもりで結婚するカップルなんて きっとほとんどいないですよね。 (もしかしたらいるかもしれませんが)   離婚してしまった方たちも 結婚する際は、もしくはプロポーズした際は きっと生涯寄り添って生きる事を 誓ったのではないでしょうか?   さて なぜ突然このようなお話しをしたかというと 「離婚しやすい夫婦にありがちな傾向」 というものをちょうど見かけたからです。   その記事によりますと 7つの傾向があるとされまして 今回はそのうちの2つをご紹介致しますね!     ①10代婚、あるいは32歳以上で結婚している →アメリカの大学の研究で、共に32歳以上で結婚したカップルと、 10代で結婚したカップルは他の年代で結婚したカップルよりも離婚率が高いとのことです。 ちなみに同研究によれば、ベストな結婚時期は20代後半とのことです。   また、年の差も離婚率に関係しているとのことで、 年の差1歳で3%。年の差5歳で18%、 10歳差で39%も離婚率が高くなるとのことです。     ②夫がフルタイムの仕事に就いていない →これもアメリカの大学の研究結果なのですが 夫がフルタイムで働いていない夫婦の翌年の離婚率は3.3%になるとのこと。 (正業に就いている場合の離婚率は2.5%だそうです。) ちなみにこちらの研究では、妻の仕事の状況と離婚率には 因果関係が無いとのことだそうです。     今回は2つご紹介いたしましたが どちらもなんとなくわかるような内容でしたね。 皆様はいかが感じられたでしょうか?   それでは次回、また続きをご紹介致します(*’ω’*)♪     総合探偵社…

$logo_alt
2018年01月16日

浮気調査以外にも

こんにちは! 最近、小春日和というのでしょうか? 比較的暖かいですね   鏡開きも過ぎ、お正月ムードも終わりまして、 日常に戻りつつありますが 皆さんいかがお過ごしでしょうか?   さて 当探偵社では やはり浮気調査や不倫調査のご依頼が多いのですが もちろんそれ以外の調査もお受けしております。   人探しや、 ストーカー対策 いじめ調査や 盗聴器発見調査なども行っております。   これ以外にも 結婚相手の調査や 社員の勤怠管理などのご依頼もございます。   もしも   「どこに相談したらいいかわからない」 「誰に話せば分からない」   という方は ぜひお電話ででも ご相談されてみませんか?   お話しをお聞かせいただいたうえで、 もしも調査が必要でしたら 具体的な調査のご案内とお見積りをさせていただきます。   その必要が無い、もしくはご検討されるということでしたら そのままで構いません。   どちらにしても、ご相談・お見積りにはお金がかかりませんので ご安心ください!   また、当探偵社は依頼者様がご希望されない限り絶対に調査は行いません。 お電話や面談等で、むりやり契約を迫ったりはしませんので ご安心してご相談ください   お電話お待ちしてます(*´ω`*)       総合探偵社 シークレットジャパン熊本 住所 〒862-0923 熊本県熊本市東区東京塚町18-49平井ビル1F 電話 0120-083-007 定休日 不定休 当社facebookページはこちら…