ブログ

2020年11月22日

離婚の方法と離婚の前後に考えるべきこと

離婚の方法と離婚の前後に考えるべきこと 結婚と同様、離婚はその後の人生を左右する大きな決断のひとつです。パートナーの浮気やDV、性格の不一致など離婚に至る理由は様々です。今回は離婚をしたい方のために、離婚をするための方法や離婚をする前に考えておくべきことについて掲載します。 焦って結論を出して後悔しないためにも、じっくり考えてみてください。   離婚するにはどうすればいいのか? まずは離婚をするための条件についてです。離婚の条件については民法によって定められており、それによると、離婚をするためには婚姻関係にある男女の間に合意があれば十分とされています。 しかし、双方の合意がないときは家庭裁判所が間に入り、離婚に向けて話し合いを進めていくことになります。 離婚をするための具体的な方法は以下の3つがあります。   協議離婚 協議離婚は家庭裁判所が関与せず、夫婦のみの話し合いによって合意し、離婚をする方法です。日本においては離婚をする夫婦の約9割がこの方法を選択しています。 協議離婚は家庭裁判所を利用する必要がないため、最も簡単かつスピーディに離婚をすることができるのがメリットですが、その反面、十分に話し合いが行われないまま離婚に至る夫婦も多く、特に養育費の支払いに関するトラブルは数多く報告されています。 1度離婚をしたいと考えると、夫婦ともに必要以上に顔を合わせたくないと考えるため、一刻も早く別れるために協議離婚を選択してしまいがちですが、養育費など、離婚の際に当事者同士で何か決めごとをしたときは離婚協議書を作成して書面に残しておくと、のちのトラブルを回避することができます。   調停離婚 夫婦のどちらか一方が離婚することを拒んでいる、あるいは離婚の条件について双方の合意が得られないという場合は、家庭裁判所の離婚調停制度を利用して離婚の話し合いを進めていくことになります。この制度を利用した離婚方法を調停離婚といいます。 調停離婚は家庭裁判所の家事調停委員によって進行するため、どちらか一方の意見に偏ることなく、離婚や離婚の条件を決められるというメリットがあります。 また、離婚調停によって離婚の合意に至った場合、家庭裁判所は離婚調停の調書を作成してくれます。調書は裁判所の判決書と同じように執行力を持ちますので、当事者の双方に離婚の際の条件を守る義務が生じ、協議離婚の際に発生するような、離婚の条件を守ってもらえないというトラブルを回避することができます。 しかし一方で、調停離婚は協議離婚と比べると離婚の成立までに時間がかかるというデメリットがあります。家庭裁判所が行う離婚調停は月に1回程度しか行われない上、開催は平日のみとなっており、特に仕事をしている方にとっては負担になると言えます。 離婚調停を利用する場合は、相手の住所地にある家庭裁判所、または夫婦が決めた家庭裁判所に対して調停の申し立てをする必要があります。詳しい手続き方法については、各家庭裁判所に事前に相談しておくとスムースです。 また、後述もしますが、裁判離婚を行うためには、事前に離婚調停を行う必要があります。   裁判離婚 家庭裁判所が行う離婚調停を利用してもなお離婚の合意に至らない場合は、裁判を起こすことになります。 裁判を行うためには事前に離婚調停を経ている必要があり、また法律で定める離婚原因が離婚を請求する相手方にあること、夫婦の婚姻関係が破綻していることという2つの理由が必要になります。この要件を満たしていない場合は裁判を起こすことはできません。 ちなみに、法律で定める夫婦の離婚原因には以下のものがあります。 ・相手の不貞行為があった ・相手から悪意で遺棄されている ・相手の生死が3年以上不明である ・配偶者が強度の精神病にかかっている 上記以外の、婚姻関係を継続しがたい重大な理由がある(DV、借金、犯罪行為など) 裁判離婚の場合、相手に離婚の意思がなくても、裁判所によって強制的に離婚をさせることができるため、まさに最終手段と言っていいでしょう。 しかし、それだけ強い効力を持っているだけに、時間と労力が必要な方法になります。 離婚をする前に考えておくこと どのような離婚方法を選択するとしても、離婚する前に考えておかなければならないことはたくさんあります。 焦って離婚をして後悔をしないためにも、特に以下の点についてはよく検討しましょう。   財産分与 離婚をする場合、婚姻生活中に夫婦で築いた財産を分配するよう相手に請求することができます。これは民法で定められた権利ですので、離婚を焦るあまり、もらえるはずの財産をもらい損ねてしまったということがないようにしましょう。 財産分与の対象になるものは、婚姻中に夫婦の協力により形成・維持されてきたものです。これは実質的にそうであると判断されれば全てのものが対象になるので、例え名義が相手のものであったとしても、財産分与の対象になります。また、婚姻中に夫婦が取得した財産は基本的に共有財産に含まれます。 よって、財産分与の対象になるのは夫婦の共同名義で購入した不動産、共同の住居に設置された家財道具といったものの他、夫婦の一方の名義の預貯金や退職金など多岐に渡りますので、離婚の前には必ず共有財産に含まれるものを確認しておきましょう。   親権および養育費 お子様がいる場合は親権と養育費についても離婚前に考えておきましょう。 通常、離婚する夫婦に子どもがいる場合、どちらか一方を親権者にしない限り、離婚をすることはできません。親権は夫婦の話し合いによって決定されますが、合意に至らない場合は前述の離婚調停あるいは裁判によって決定されます。これらを利用した場合、家庭裁判所が子ども本人や両親との面談、その他子どもの現在までの養育環境の調査を行い、親権者としてどちらが相応しいかを判断します。 また、養育費に関しては、協議離婚を選択した場合は夫婦で話し合って自由に金額を決めることができますが、合意に至らず、調停離婚や裁判離婚になった場合は「養育費算定表」に基づいて裁判所が決定します。 養育費は双方の年収や子どもの数によって変わりますが、月2~6万円が相場となっています。   離婚後の生活について 離婚を考えたときに、皆さんの頭を最も悩ませるものは、おそらく経済面ではないでしょうか。特に専業主婦(夫)だった方は、十分な収入を得られるかどうか非常に不安になることと思います。また、仕事だけでなく、これからは家事や育児もひとりで行う必要がありますので、こうしたことを考えないまま離婚をするのは、よほどのことがない限りは避けましょう。 離婚は体力的にも精神的にも消耗しますし、その上離婚後の生活が楽なものとは言い切れません。 離婚したときのメリット、デメリットをしっかり考え、本当に離婚をするのが正解なのか、事前にじっくり検討してみてください。   慰謝料は請求できるのか? パートナーの浮気やDVなどが離婚原因となっている場合、離婚調停や裁判で慰謝料を請求することができます。また、浮気の場合はパートナーだけでなく、浮気相手に対しても慰謝料を請求することが可能です。ただし、慰謝料を請求するためには裁判でも有効と認められる証拠が必要です。素人が有効な証拠を集めるのは難しいので、パートナーの浮気が離婚の原因で、慰謝料を請求したいとお考えの方は、探偵に依頼をするのがおすすめです。…

2020年07月10日

離婚率ランキング

全国都道府県別の「離婚率」のランキング   総務省統計局(2017年度版)による離婚率ランキングをお知らせします。   第1位 沖縄県 第2位 宮崎県 第3位 北海道 第4位 大阪府 第5位 福岡県   第9位 熊本県 熊本県は、浮気率は47都道府県中37位と低いのですが、離婚率は全国でも上位で、離婚件数も徐々に増えている不穏な傾向が見られます。また、熊本県は夫婦喧嘩が多い都道府県ランキングでも第10位に入っており、頑固な県民性が影響して、些細なトラブルから離婚に至ってしまうケースがあるのかもしれません。   全国の離婚率を見てみると、山形・富山・新潟・石川・秋田など、東北地方の日本海側の県ほど、低いことが分かります。厳しい冬に耐え抜く辛抱強さが離婚率の低下につながっているのかもしれません。 しかし、離婚率の低さ=離婚せずに辛抱することが、必ずしも「幸せ」とは限りません。また、離婚=「不幸」でもありません。離婚は、子どもや親のこと、周囲の目など色々なことを考えて出した結論だと思います。そして、「幸せ」な人生を送るための選択であります。 周りの人が、その離婚という決断に理解を深めてあげることで、新しい一歩を踏み出す勇気に繋がるのではないでしょうか。       総合探偵社 シークレットジャパン熊本 http://sj007.jp/ 住所 〒860-0105 熊本県熊本市北区植木町味取103-3 電話 0120-083-007 定休日 不定休 浮気調査・不倫調査・素行調査などダントツな調査力で【総合探偵社シークレットジャパン熊本】が解決します。 成功報酬・分割・後払い可。相談・見積り無料 対応地域 熊本市 八代市 人吉市 荒尾市 水俣市 玉名市 山鹿市 菊池市 宇土市 上天草町 宇城氏 阿蘇市 天草市 合志市 『出張相談無料・見積り無料』 その他地域 県外も対応いたします. 総合探偵社シークレットジャパン熊本ツイッターアカウント https://twitter.com/sjk007kumamoto 当社では、全国各地の探偵事務所と提携しております。 熊本県以外での探偵をお探しの際は 総合探偵社オルカジャパンにご相談ください。

2020年06月23日

ご主人の浮気調査

今月初旬から、3週間で4回の浮気調査を行いました。依頼者は女性で、ご主人の浮気調査でした。   調査費用をできる限り抑えたいとのご希望に添えるように、できるだけ短時間での調査で契約。   しかし、浮気相手と、夕方から翌朝まで一緒に過ごしたため、調査も徹夜で長時間になってしまいました。   それでも、依頼者様の希望通りの「浮気の証拠」を確実にとることができました。調査報告を済ませ、   ご依頼者様から調査に対する評価をいただきました。実際の評価コメント(依頼者様の声)です。   「本当に親切丁寧に対応していただき、希望通りの結果を撮って頂けました。       とても信頼でき頼りになり依頼することができました。ありがとうございました。」   短いコメントですが、100%ご満足いただき、高く評価していただいております。本当に感謝です。   これからも、「依頼者様ファースト」で「安心・信頼・確実」な調査で全力サポートいたします。   ありがとうございました。     総合探偵社 シークレットジャパン熊本 http://sj007.jp/ 住所 〒860-0105 熊本県熊本市北区植木町味取103-3 電話 0120-083-007 定休日 不定休 浮気調査・不倫調査・素行調査などダントツな調査力で【総合探偵社シークレットジャパン熊本】が解決します。 成功報酬・分割・後払い可。相談・見積り無料 対応地域 熊本市 八代市 人吉市 荒尾市 水俣市 玉名市 山鹿市 菊池市 宇土市 上天草町 宇城氏 阿蘇市 天草市 合志市 『出張相談無料・見積り無料』 その他地域 県外も対応いたします. 総合探偵社シークレットジャパン熊本ツイッターアカウント https://twitter.com/sjk007kumamoto 当社では、全国各地の探偵事務所と提携しております。 熊本県以外での探偵をお探しの際は 総合探偵社オルカジャパン http://orca-japan.biz/

2020年06月09日

浮気調査の費用は請求できるのか?

  浮気調査の費用は請求できるの?   パートナーの浮気(不倫)について調べようと思ったとき、自分で調査するのには限界があります。   そこで、探偵や興信所への調査依頼であり、気になるのはその費用です。   また、不倫相手に調査費用を請求できるかは、とても気になるポイントだと思います。   そこで、探偵に不倫調査を依頼した場合の費用を不倫相手にどの程度請求できるかについて、   弁護士の見解をもとに説明します。     調査の必要性   過去の裁判では、不貞行為の証拠をつかむために探偵や興信所などに浮気調査を依頼することが   必要だったという場合には、不倫慰謝料の一部として、浮気調査料を損害賠償請求に含めることを認めています。   損害賠償請求の対象となる不貞行為とは、既婚者であることを知りながら、または知っていて当然という   状況下で肉体関係をもったことをいいます。肉体関係の有無は、証明することが難しいので、   被害者は調査費用を支払って依頼する他なかった、という状況であれば、認められる可能性が高いようです。   調査の必要性については、⓵不貞行為が配偶者に秘密で確かに行われた、⓶当事者に確認しても本人たちは認めなかった、   ⓷行為を立証する方法が他にはなかった、⓸調査結果が不貞行為の立証に役に立った、というような条件下で認められます。   ただ、当事者の自白やSNSへの書き込みなど、手持ちの証拠でも立証できたという場合には、   探偵の調査は必要なかったと判断され、調査費用の請求が棄却された裁判例はあるようです。     金額について   必要性が問題なく認められた場合は、過去の裁判では、金額は17万円程度であれば全額認められることもあります。   過去の裁判の多くは、調査のプロである探偵や興信所に調査依頼することは必要だったとして   必要性を認めています。問題は、調査費用がもっと高額だった場合です。たとえば、調査員が複数人で調査しても、   なかなか証拠がおさえられず、調査時間が長引いた場合は、調査費用が200万円程度になることもあります。   一概にはいえませんが、裁判例では、100万円を大きく超えて調査費用の損害賠償請求を認めている事例は   ほぼないようです。調査費用が社会通念上に照らして妥当かどうかという観点で判断されるようです。       まとめ   ・探偵に依頼した浮気調査費用は、訴訟相手に請求できる  …

2020年05月27日

パートナーの浮気を疑ったら。

パートナーの浮気を疑ったら! 【ケース1】 質問:「浮気してる?」 「してないよ」「するわけない」などの否定形ではなく、 「なんで?」「どうしたの?」などの疑問形で返ってきた場合、浮気をしている可能性は高いと思ってよいでしょう。 なぜなら、どこまで浮気を知っているのか知ろうとこのような返事になってしまうからです。 注意していただきたいことは、その場で浮気を追及してはいけないということです。警戒されたり、逆ギレしてくる可能性があるからです。 適当に誤魔化し、浮気したら離婚・別れると釘をさしておくようにしましょう。 また「浮気してないよね?」や「浮気しているでしょ」といった質問は、圧力的であり、怒られている・信じられていないと思われ、今後の関係を悪化させる原因になる可能性がありますので、質問・言い方には注意してください。 【ケース2】 質問:「最近、何かいいことあった?」 浮気をしている人は「いいこと」=浮気ですが言えるわけありませんね。 この質問にも「なんで?」「どうして?」といった疑問形での対応の場合は、怪しいですね。浮気をしていない人ならば最近あったいいことを話しだすか、「いいこと…特にないかな」など続きます。 【ケース3】 質問:「この前、一緒にいた人は誰?」 浮気している人の場合は、「どこで見たの?」「誰が見たの?」 この質問をして、動揺する人は99%、浮気しています。「どこ」や「誰」を聞く人は、隠したい思いが強いことを表しています。 浮気をしていない人は同性の友人の名前を出してきたり、「いつの話?」と日時を確認したりするでしょう。 両性ともに共通で浮気している人に見られる特徴 ・ケータイを手放さなくなった ・外出や用事が増えるようになった ・ケータイにロックがかかるようになった ・セックスを拒まれる ・ファッションに気をつかうようになった ・新しい趣味が増えた、または趣味が変わった ・帰宅時間が遅くなった ・不明な出資が増えた 男性で浮気している人に見られる特徴 ・車の掃除をするようになった ・休日出勤・残業・出張が増える ・帰宅が遅れた場合にやたらと言い訳をするようになった ※浮気をすると罪悪感から妻に優しくなることも多いため、やたらと優しくするようになってきたら、注意が必要です。 女性で浮気している人に見られる特徴 ・ダイエットや美容に気をつかうようになった ・アクセサリーが増えた ・家事が適当になった ・夫の予定をやたらと聞いてくるようになった ※浮気を始めたら、夫にきつく当たる女性もいますが、浮気をしていることによって心がみたされ優しくする女性もいるので、今 まで小言が多かった妻が、急ににこにこして優しくなったら浮気かもしれません 相手が浮気していることが分かった場合に、大切なことは、 「自分が幸せになれる可能性が1番高い選択肢は何か。」です。 そのことをしっかりと刻み込んで、考えてみて下さい。 選択⓵:相手のことを信じて許し、もう一度やり直す 選択⓶:浮気のことは自分の心の中だけに留めて、気づかないふりをする 選択⓷:相手の浮気を放置して、自分の生活をエンジョイする 選択⓸:別れる(慰謝料の請求) それぞれの選択肢の良い点と悪い点はどこなのか、どの選択肢が自分に適しているのか、その選択肢は果たして本当に自分を幸せにしてくれるのか、一緒に考えていきましょう。 浮気が発覚してしまうと思わず質問攻めにしたり、暴言を言ったりしてしまうかと思いますが、証拠が無いうちは絶対にしてはいけません。 証拠を隠されてしまっては慰謝料の請求ができませんし、離婚時に損をする可能性もあります。また、暴言などで相手の心が離れて行ってしまうと再構築が望めなくなるからです。 言いたいことを我慢しろという訳ではありませんが、相手を責める場合言葉を考える必要がありますし、自分の落ち度も考えなくてはいけません。     総合探偵社 シークレットジャパン熊本 http://sj007.jp/ 住所 〒860-0105…